株式会社 aradas(アラダス) 大阪・東京を拠点とし、webサイト企画・デザイン・コンテンツ制作・マーケティング・システム開発などの ホームページ制作をはじめ、グラフィックデザイン・映像制作など幅広くあなたのお手伝いをします。

株式会社aradas

ライフスタイル

2022.4.13

酒好きのささやかな抵抗。

先日、東京のマーケ部メンバー(2名)が大阪に出張でやってきました。
実は私が日頃からもっとも一緒に仕事してるのがこの2人だったりするのですが、東京から大阪に出張に来るというのは、とても珍しいこと。
でも、以前からの彼らの希望もあり、1月くらいから計画していたのを決行!

彼らが担当してくれているお客さんは、大阪にもたくさんあって、その関係でお会いする先もあったり、平時の仕事もこなしながら、夜は社内で懇親会も行いました。

私は定期的に東京出張に行くので、それなりにコミュニケーションは取っているのだけど、直接会うのが初めてのメンバーもいるし、やっぱりオンラインだけではできないコニュニケーションができて、本当に良かった!

なかなか大阪・東京のメンバーが一堂に集まってというのは難しいのだけど、流行り病が落ち着いたら、本当に社員旅行とかやりたいもんです。

 

さて、そんな大盛り上がりの懇親会から・・・今日はワインのお話です(笑)

aradasでは昔から会社で飲み会することが、結構スタンダードです。
たまにはお店にも行くけど、やっぱり会社飲みが気楽やな〜と、歓迎会とか忘年会とか、結構会社飲み。
知り合いの居酒屋さんに特注オードブルとか頼んで、これが最高に美味しいので、食事の満足度も高し。

そして、お酒も好きなものを買って(持ってきて)飲めるのも良いところ。
私はワインが好きで、普通には置いてないワインを持ってきます。
そういうと高いワインを想像するかもですが、そうではなく、酸化防止剤(亜硫酸塩)が入ってないワイン。

このって酸化防止剤(亜硫酸塩)無添加とはなんぞやのお話です。
昨今の健康ブームで、食品添加物に敏感な方もいらっしゃると思いますが、私もその一人だったりします。
ワインに入っている酸化防止剤(亜硫酸塩)は、その名の通り、酸化によってワインの香味が劣化するのを防ぐための添加物です。
しかし、この亜硫酸塩(SO2)頭痛の原因になるとも言われてます。

ワインはちょっと苦手。二日酔いする・・・という方は、その原因は亜硫酸塩(SO2)かも?

私は普通のワインを飲んでも頭が痛くなるとか、あまりありませんが、近年は特に、、、やや飲みすぎると、二日酔いというか翌朝は寝起きに怠さを感じます。
だけど・・・私の実感として亜硫酸塩無添加のワインは、多少飲みすぎても確かに翌日の起きた時の感じがめちゃくちゃ楽なのです。
飲み口もとっても優しい。

実際に亜硫酸塩の役割としては酸化を防止するだけでなく、ワインの香りやしっかりと骨格を感じる味わいバランスを整えたりもするそうです。
そういう意味では、亜硫酸塩無添加ワインはボディ感のあるパンチのあるワインというより、果実感を感じるライトボディな感じに近いかも。

外食する時は亜硫酸塩無添加のワインとか置いてるお店はなかなかないので、普通のワインをいただきますが、やっぱりガツンと美味しいもんね(笑)
赤ワインは重たいフルボディ、白ワインはキリッと辛口が好きですw

ちょっとワイン苦手だったけど、これは飲んでみたいという方、どこで買えるのか?
Amazonで買えますw

キュヴェ・セクレテ シラー(SO2無添加) 赤ワイン フランス

キュヴェ・セクレテ マルサンヌ/ルーサンヌ(SO2無添加) 白ワイン フランス

このワイン、先日、私も買ったんですが、フランス最優秀生産者の称号を持つジャン・クロード・マス氏が、7年もの歳月をかけて実現した果実味あふれる秘密のワイン!!とのこです(笑)

なのに・・・!思ったより安いですよね。
実はまだ開けてませんが、楽しみに週末いただきますw

あと、酒屋さんのワインコーナーで「自然派ワイン」とか「ナチュールワイン」とか売ってますが、これは亜硫酸塩無添加とはイコールこれではありません。

このナチュールワインの話をしだすと、また1本別でブログが書けそうなので、今回は割愛しますが、簡単にいうと、葡萄の栽培方法(農薬を避けたり)や、自然の酵母を使用して発酵させるとか、瓶詰めにも、できるだけ自然に近い形で製造されているワインのことで、生産者によっても色々と違いがあります。

とはいえ、生産にこだわる丁寧に作られるワインは、味わいを整えるための最低限の亜硫酸だけを添加しているだけというワインが多いんじゃないかと。

一方で大量生産の低価格ワインは、収穫の段階、ワインをブレンドする際、樽熟成の際、瓶詰めの際・・・ワイン造りの工程で酸化酵素の影響を受けやすいタイミングには、都度亜硫酸塩が添加されてるので、安いワインを飲むと頭が痛くなる理由はここにあるかも?・・・しれません。

あとスーパーやコンビニで、酸化防止剤無添加と書かれたワインが超低価格で売られてますが、これは熱殺菌されたものです。
葡萄を5060度まで熱したもので、フレッシュな果実感や酸味は、、、言わずもがなでしょう。

 

ここからは余談。社内懇親会の翌日(土曜日)。
大阪を満喫観光ツアー(by 社長コーディネート笑)に2人を連れて行きましたw

新世界で、スマートボールと串カツを満喫したあと、スーパー玉出を経由(笑)して、難波(グリコや道頓堀など)、アメ村、心斎橋と歩いてTHE・大阪ミナミの名所を周り、大丸心斎橋で休憩がてらお茶した後、御堂筋線で梅田へ。
迷路な大阪駅周辺を案内しつつ、弊社お客さまの点天さんの胡椒餅を阪神百貨店で購入。

夜は、これまた点天さんのお店「スパイスダイニング&カフェT(タウ)」へ。

東京にいながら、大阪の案件も担当してくれている2人にとっては、念願の胡椒餅&タウさんでした!

しかも、この日、東京メンバーのしゅんが誕生日ということがわかり・・・笑
急遽、お誕生日プレートをご用意してくださったのにはビックリw
本人も大喜びで、本当にありがとうございました。

その後、カラオケに行って・・・夜は更けていくのでした・・・(私は最後はもう白目・・・)

関連記事

ブログ一覧に戻る