株式会社 aradas(アラダス) 大阪・東京を拠点とし、webサイト企画・デザイン・コンテンツ制作・マーケティング・システム開発などの ホームページ制作をはじめ、グラフィックデザイン・映像制作など幅広くあなたのお手伝いをします。

株式会社aradas

アラダス活動記

2020.6.30

【カレンダー連動企画第7弾】梅結び×棒高跳び

こんにちは!
アラダス東京・デザイナーのうみです。

今月は本来ですと、東京2020開会式でしたが、残念ながら来年の楽しみになってしまいましたね。
様々なイベントなどが今年は中止になってしまい、寂しい夏となりそうですが、
そんな中でも気持ちが明るくなるように、今月のアラリンピックでは、夜空に美しい景色が広がります。

アラリンピックでは、日本に昔からある「結び」に関連した物を使った競技が行われます。
日本古来から結ばれてきた想いや意味も伝えながら様々な競技を共に行い、みんなの気持ちも結ばれていきます。
アラダスブログでは1ヵ月に1回、アラリンピックで使用されている「結び」について詳しく解説していきます!

7月のカレンダー『梅結び×棒高跳び』

時間は夕暮れ時。
梅結びで作られた夏の風物詩である花火が
空を彩り、アラダスちゃんもお祭り気分を満喫中!
花火をもっと近くで見ようと、ビールを棒高跳びで飛び越えるアラダスちゃん。
美しい花火にわくわくが止まりません!

梅結びの意味

5枚の花びらを作り、梅の花に似た形に結ぶのが「梅結び」です。
飾り結びの中でも比較的簡単に結べ、コロンと可愛らしい形から、アクセサリーなどでもよく使われる形ですが
この結び方には3つの意味が込められているとても素敵な結び方なんです。

固く結ばれた絆

梅結びは結び方は簡単なのですが、一見すると複雑そうで簡単にはほどけないような結び方担っています。
そのため、固く結ばれてほどけないようにという意味が込められており、結婚式などの
縁起物としてよく使われています。

魔よけ

梅の花は、昔から魔よけの縁起物とされており、そのモチーフである梅結びは魔除けの意味がこもっています。
梅は「松竹梅」と縁起物として数えられ、無病息災、厄除の縁起木です。
お祝いのイメージが強い梅結びですが、魔除けやお守りとしても昔から使われてきた結びです。

運命向上

梅の花は、寒中に耐えて春先一番最初に、香りの良い花をつけることから『さい先が良い』とされており、運命向上の意味をもちます。
そのため、進学や就職、結婚や開業といった節目に大変縁起が良いとされています。

オリンピックの歴史

今月は東京2020大会が開幕の月でしたので、来年度の開催に向けて少しオリンピックについての歴史や意味についてお伝えしたいと思います。

オリンピックは4年に一度開催される世界的なスポーツの祭典です。
スポーツを通した人間育成と世界平和を究極の目的とし、夏季大会と冬季大会を行っています。

古代オリンピックは2800年前にさかのぼり、古代ギリシャのオリンピア地方で行われていた「オリンピア祭典競技」です。
もともとは神々をあがめる体育や芸術の競技祭だったといわれていますが、
数々の戦乱に巻き込まれた古代オリンピックは、393年を最後に幕を閉じてしまいました。

その古代オリンピックから1500年後、パリ国際会議で「オリンピック復興」が可決され、
1896年、ギリシャのアテネで記念すべき第1回オリンピック競技大会が開催されました。
また、日本の初参加は、1912年、スウェーデンのストックホルムで開催された第5回オリンピック競技大会です。

オリンピックの精神

オリンピックの精神とは
「スポーツを通して心身を向上させ、文化・国籍などさまざまな違いを乗り越え、友情、連帯感、フェアプレーの精神をもって、平和でよりよい世界の実現に貢献すること」
近年では従来のテーマである「スポーツ」と「文化」に「環境」が加わり、オリンピックは世界中の人々が地球環境について考える機会にもなりました。
アスリートが生み出す興奮と感動、そして環境保護への取り組みが、世界の絆を繋ぐと考えられています。

東京2020大会

1964年の東京大会は日本を大きく変えた。2020年の東京大会は、
「すべての人が自己ベストを目指し(全員が自己ベスト)」、
「一人ひとりが互いを認め合い(多様性と調和)」、
「そして、未来につなげよう(未来への継承)」
を3つの基本コンセプトとし、史上最もイノベーティブで、
世界にポジティブな改革をもたらす大会とする。

これが東京2020大会の3つの基本コンセプトです。
このコンセプトは、選手だけではなく、日本人みんなが協力し、世界に発信していくような大会にしようという願いが込められています。
ぜひ、みなさん、海外旅行客が日本に戻ってこられた際には、
道で困ってる外国人の方がいらっしゃったら、そっと手を差し伸べてあげるなど、日本に良いイメージを持っていただいて
気持ちよく楽しんでいただければなと思います!
・・・ま、私英語が話せないので、ジェスチャーでしか伝えられないんですけど。笑

結びの言葉

日本人は、、奥ゆかしく伝統を大切にしていく一方、どちらかというと閉鎖的な人種かなと思います。
オリンピックは、なかなか内向きな日本が世界中の人たちと関わる機会です。
梅結びのように、日本と世界の人たちと絆が「固く結ばれる」と良いなと思います。

今年は各国閉鎖的な日々を過ごしているかと思いますが、このコロナの状況でより強く思ったこととしては
”人は誰かと関わりたい”んだなってすごく思いました。
緊急事態宣言中、一人暮らしの友人たちから、人と会ったり雑談することが無いため定期的にリモート飲み会のお誘いがありました。
人と会話をする大切さをすごく感じていましたし、私自身も人と過ごす時間がすごく大切だと感じました。

また、飲食業や小売業界など、様々な企業や店が危機的状況にあります。
よく通っていたすごく大好きなドライフラワーの店が8月でお店を閉める事になりすごく悲しい気持ちになりました。
そんな中、今クラウドファンディングで資金を募る活動が活発です。
私自身も、通っている美容院の応援に少しながら支援させていただきましたが、すごく面白いのが、
ヘッドスパの割引やトリートメントの特別価格など、様々なリターン特典がある中で
一番選ばれていた特典が、「スタッフからのお手紙」でした。
見返りを求めるためではなく、ただ単純にそのお店を応援したいという人がすごく多く
世の中捨てたもんじゃないなって思いました。

今いろんな方々が苦しんでる状況にあるとは思いますが、人との「固く結ばれた絆」が
世の中をよくしていけるのではないかなって思います。

来月は『帯結び×サーフィン』です。お楽しみに^^
カレンダーをご希望の方は、お気軽にご連絡ください!
無料でお送りさせていただきます。

writer

うみ

この記事をシェアする

関連記事

ブログ一覧に戻る