株式会社 aradas(アラダス) 大阪・東京を拠点とし、webサイト企画・デザイン・コンテンツ制作・マーケティング・システム開発などの ホームページ制作をはじめ、グラフィックデザイン・映像制作など幅広くあなたのお手伝いをします。

株式会社aradas

アラダス活動記

2020.2.28

【カレンダー連動企画第3弾】あわじ玉×バレーボール

こんにちは!アラダス東京・デザイナーのますです。
2020年になって早2ヵ月…時間の流れは早いですね…!

アラリンピックでは、日本に昔からある「結び」に関連した物を使った競技が行われます。
日本古来から結ばれてきた想いや意味も伝えながら様々な競技を共に行い、みんなの気持ちも結ばれていきます。
アラダスブログでは1ヵ月に1回、アラリンピックで使用されている「結び」について詳しく解説していきます!

3月のカレンダー『あわじ玉×バレーボール』

あわじ玉のボールを使ってバレーボールをプレーするアラダスちゃん。
2月で受け取った想いを、あわじ玉のボールをアタックして気持ちを返します。

あわじ玉とは

あわじ玉とは、水引の一種である、あわじ結びを硬く引き締めて玉の形にしたもののことをいいます。
あわじ結びは端と端を引っ張るとなかなか解けないことから、『結び切り』の一つとして結婚祝いなどの一度きりしかないお祝いの時に使われることの多い結びです。
現在はその見た目のかわいらしさから、ピアスなどのアクセサリーにモチーフとして使われることが多いみたいです^^

あわじ玉の由来

あわじ玉の由来には2つ説があるとされています。

渦潮説

淡路半島付近で発生している渦潮をモチーフにしたとされる説です。
なので、あわじ玉は漢字で「淡路玉」と書かれています。
あわじ結びやあわじ玉をよくみると、確かに渦のような結びになっていることがわかりますよね。

アワビ説

あわじ玉は昔は「鮑(あわび)玉」といわれていたという説もあります。
貝のアワビに似ていることからそう呼ばれていたのが、時を経てだんだん変化して現在の「あわじ玉」になったとか。
言われてみたらアワビに似てないこともない…?
アワビは古来から『めでたいもの』とされてきたので、縁起物である「あわじ玉」にはぴったりなのかもしれませんね^^

結びの言葉

2月で結ばれた想いを、結婚祝いで使われるあわじ玉(結び)で想いを返すという繋がりがありました^^

来月は『蝶結び×マラソン』です。お楽しみに^^
カレンダーをご希望の方は、お気軽にご連絡ください!
無料でお送りさせていただきます。

writer

ます

この記事をシェアする

関連記事

ブログ一覧に戻る