株式会社 aradas(アラダス) 大阪・東京を拠点とし、webサイト企画・デザイン・コンテンツ制作・マーケティング・システム開発などの ホームページ制作をはじめ、グラフィックデザイン・映像制作など幅広くあなたのお手伝いをします。

株式会社aradas

アラダス活動記

2021.5.28

【カレンダー2021 4月】せきにん

2021年では各月の上にキーワードを入れています。
このキーワードは物語と連動+アラダスが常日頃から大切に思っていることです。
アラダスブログでは、2020年に引き続き、2021年も1ヵ月に1回カレンダーの各月をご紹介したいと思います。

4月のカレンダー『せきにん(責任)』

4月は開発が進み、新エネルギー完成が見えてきたシーンの展開です。
出会いの月、モチーフはもちろんです。
花が舞い散る、大変可愛いビジュアルとなっております!

アラダスちゃんがハシゴに登って開発を進めていますね。
それを応援しながら見守るウサギたちと、綺麗に彩られたイースターエッグ。
ちなみに日本でも近年イースターは春のイベントとして有名ですが、英語圏ではウサギはイースターエッグを運んでくるキャラとして有名です!

撮影裏話

桜の舞を表現するのは試行錯誤の連続、結構大変でした…。
和紙で作った桜を吊ったワイヤーに付け、シャッターがおりる瞬間に上から花びらを撒いたり、何回も挑戦して大変でしたが、いい感じですね!
もちろんバスケットも、中のイースターエッグも1つ1つ手作りで、違った彩色をしています。ウサギたちもとても小さくて可愛い!

4月の物語

責任重大!プレッシャーがかかる
「やりたいこと。したいこと。できること。」それが全て実現は難しいかもしれない。
やったこともない未知の世界、初めての経験。
不安ものしかかり自分たちにプレッシャーがかかる、でも必ず成功させて街にもっと笑顔溢れる世の中にしたい。

キーワード『責任』

自分に対してプレッシャーをかけることも大切
自分の実力より少し上のことを続ける、それが成長の糧となる

解説

責任と聞くと背筋が伸びるような言葉ですが、自分の成長のためには重要な要因ですよね。
「出来るだけ責任を負いたくない…」と思う場面は、人間誰しも大なり小なりあるはずです。責任は怖いし、苦労することも多いです…。

しかしそこで逃げてしまえば、自分自身の変化や何も学ぶことも改善する機会がなくなります。
責任を持つということは、成長する第一歩なのかもしれません。
時と場合にもよりますが、ある程度責任のプレッシャーを感じる方が、自分の実力が120%出せる時もあります。
それは受動的ではなく能動的に「自分ゴト」という意識からきているのかもしれませんね。
あえて責任を負うことで、周りと差がつけられるチャンスかも?

責任を負い続けることで、自分自身も仕事も成長できると思うので、そんな気持ちを忘れずに大切にしたいですよね。

なので、4月のテーマは「責任」にしました!
今後も意識して精進いたします。

最後に

来月は【5月 きびしさ(厳しさ)】です。
よければまた見に来てくださいね。

カレンダーをご希望の方は、お気軽にご連絡ください!
無料でお送りさせていただきます。

 

━━━━━ back number ━━━━━

▶︎aradas2021カレンダーのご紹介 vol.1
アラダスカレンダーとは?や2021企画・コンセプトのご紹介

▶︎aradas2021カレンダーのご紹介 vol.2
撮影の裏側やミニチュアのご紹介

▶︎aradas2021カレンダーのご紹介 1月
1月「きづき」についてご紹介

▶︎aradas2021カレンダーのご紹介 2月
2月「きょうみ」についてご紹介

▶︎aradas2021カレンダーのご紹介 3月
3月「しょどう」についてご紹介

関連記事

ブログ一覧に戻る